ビジネス文書の例文 メールの書き方や文例などの記事一覧

7月の挨拶状 ビジネス挨拶文

社名変更の挨拶の例文をご紹介します。パターン1 謹啓 貴社益々御隆盛の事とお慶び申し上げます。 平素は格別のお引立を賜わり厚く御礼申し上げます。 このたび○月○日付をもちまして、 ○○(社名)を○○(社名)に変更することになりました。 なお業務の内容につきましては、従来と全く変りありませんので 何卒倍旧の御指導、御鞭撻の程お願い申し上げます。                           敬 白パターン2 平成○年○月吉日 拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます 平素は格別の高配を賜り有難く厚く御礼申し上げます さて弊店儀 ○月○日より○○(社名)を○○(社名)と改称い たすこととなりました 今後皆様の御期待に添うべく努力致しますので何卒御支援御鞭撻 を賜りますようお願い申し上げます。                           敬 具パターン3 平成○年○月 謹啓 貴社益々御隆盛の事とお慶び申し上げます。 平素は格別のお引立を賜わり厚く御礼申し上げます。 このたび○月○日付を以ちまして、旧社名 ○○を ○○と社名変更することになりました。 つきましては、永年の御愛顧に感謝致しますとともに各位様の御 期待に添うべく邁進努力致す所存でございますので、何卒倍旧の 御指導、御鞭撻の程お願い申し上げます。                           敬 白いつも思いますが、こういう挨拶文は堅苦しくて息が詰まりそうですね。

ビジネス文章 文例 メール2

○○会社 ○○様お世話になっております、○○です。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。------------------------------さて、〜〜本文内容------------------------------他、ご不明点、ご質問等がございましたら○○<メールアドレス>までお気軽にお問合わせ下さい。以上、よろしくお願い致します。**************************○○会社担当 ○○ メールアドレス**************************スペースを十分空け、見やすいメールを心がけましょう。また、**や--- などのマークを使い区分けするとさらに見やすくなります。

ビジネス文章 メールの書き方 例文1

ビジネス文章のメールの書き方の例文1です。ご参考まで。○○○○○○ 様いつもお世話になっております。○○○の○○です。今回は○○○のご紹介でご連絡いたしました。/////////////////////////////////////////////内容/////////////////////////////////////////////上記ご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。何卒、よろしくお願いいたします。担当 ○○メールアドレス○○には会社名や名前が入ります。スペースは十分空けて、見やすいメールを目指しましょう。

ビジネス文書の基本

ビジネス文書のいろいろ ビジネス文書とは、状況に合ったもの、正確で簡潔な内容、適切なタイミング、上司や取引先の承認など取り扱いのルールといった、たくさんの要素が詰まった、大切なビジネスツールです。 メールでは、指示を受けたり、報告したり、確認したりといった伝達に欠かせません。 口頭で受けた指示や、会議の内容についてメールでまとめて確認したり、結果について報告することは、お互いの認識の確認にもなり、ビジネスマンとして確実な仕事の姿勢とマナーを印象付けます。 ビジネスメールでは、自分と相手という1対1のやりとりではなく、関連者やお互いの上司にもコピーを送付しておくと、報告を兼ねることはもちろんですが、自分の仕事やメールの重要さをアピールすることができます。 年少だったり、取引関係などで自分が下でも、会社の一員としてこの仕事を責任持ってやっているというバックアップとして、ぜひメールはコピー(CCと一般にいいます)を関連者にも送付しましょう。 ビジネス文書では、メール以外にもさまざまな社内・社外書類があります。 社内文書の例としては、指示、報告、確認といった基本的なものから、宴会の案内、出欠の返答など、人間関係を構成するものまでさまざまです。 社外文書の例としては、挨拶状、資料の送付、ファックスの頭付け、見積もりや発注、請求書、お詫び、クレーム、督促などがあり、どれも会社の顔としてたいへん重要な書類です。 ビジネス文書を社外に出す場合は、自分で作成していきなり送付するのではなく、上司や社長の承認が必要なことも多いので、よくルールを確認しましょう。ビジネス文書とは ビジネスの世界では、人間関係や業務が複雑に絡み合い、社会を形成しています。 ビジネスシーンに合わせたマナーがとても大切です。 ビジネス文書は、そうした社会の中で、会社内や社外との連絡手段として頻繁に使われています。 学生時代のレポートや感想文、友達とのメールなどとは一線を画して、しっかりとしたビジネス文書が作成できるようにしましょう。 ビジネス文書には、社内と社外のものがあり、それぞれメールと、メール以外の書類があります。 メールは、あて先や文頭の決まり文句、末尾の署名などを簡潔にし、ビジネスシーンでふさわしいものにしましょう。 書類には、会社ごとに決まった形式の申請書や請求書があることがほとんどです。お金や取引に…

ビジネスマナーの基本 相手と良い関係を築く

ビジネスマナーのいろいろ ビジネスのさまざまなシーンで、ビジネスマナーは生きていきます。 四角四面のマナーではなく、人間関係をうまく作るためのツールと考えて、使いこなしていきたいものです。 新入社員なら、まずは電話応対をさせられる会社が多いようです。 そういう機会がなかったとしても、まだ新人のうちなら、恥をかいても大目に見てもらえるので、積極的に電話をとり、電話のビジネスマナーを自分のものにしましょう。 ビジネスマナーを自分のものにするには、数をこなして慣れることが大切です。 車の運転と同じように、左に曲がるから、ハンドルを左に切って、と考えているうちはまだまだと言えるでしょう。繰り返していると、自然と手がハンドルを操作するようになります。 挨拶、敬語、自己紹介、電話や来客の応対など基本的なビジネスマナーを覚えて実践すれば、他のビジネスマナーは先輩や上司から教えるような人間関係が作れるでしょう。 ビジネスマナーは、仕事で必須とされている報告、謝り方、頼み方、FAX送受信、携帯電話、Eメール、ビジネス文書、テーブルマナー、冠婚葬祭などあらゆるシーンで使われます。 個人や会社の一員ということだけではなく、社会の一員として、ソツがないマナー美人を目指してみませんか。ビジネスマナーとは ビジネスマナーとは、さまざまな年代や経験で構成されている社会の中で、コミュニケーションを取っていくためのルールのようなものです。 ビジネス社会では、個人は会社の一員として見られます。 たとえ新入社員でも、電話や来客の取り次ぎをしたときに、あいさつや名刺交換がおろそかなら、「なんだこの会社は」ということになってしまいます。 ビジネスの場は、会社外の人とのやりとりだけではありません。 自分の会社内の人間関係も、もちろんビジネスです。 敬語、挨拶、エレベーターや会議の席、タクシーなどで席順をわきまえた振る舞いをすること。こうした積み重ねが、あなたの評価につながり、複雑に構成されているビジネス社会の一員として認められていくステップとなります。 学生から社会に出たら、自分のことは自分の責任であると同時に、会社の一員としての自覚を持ち、ビジネスマナーを自分のものにしていきたいですね。