ビジネスマナーの基本 相手と良い関係を築く

ビジネスマナーのいろいろ

 ビジネスのさまざまなシーンで、ビジネスマナーは生きていきます。

 四角四面のマナーではなく、人間関係をうまく作るためのツールと考えて、使いこなしていきたいものです。
 新入社員なら、まずは電話応対をさせられる会社が多いようです。

 そういう機会がなかったとしても、まだ新人のうちなら、恥をかいても大目に見てもらえるので、積極的に電話をとり、電話のビジネスマナーを自分のものにしましょう。

 ビジネスマナーを自分のものにするには、数をこなして慣れることが大切です。

 車の運転と同じように、左に曲がるから、ハンドルを左に切って、と考えているうちはまだまだと言えるでしょう。繰り返していると、自然と手がハンドルを操作するようになります。

 挨拶、敬語、自己紹介、電話や来客の応対など基本的なビジネスマナーを覚えて実践すれば、他のビジネスマナーは先輩や上司から教えるような人間関係が作れるでしょう。

 ビジネスマナーは、仕事で必須とされている報告、謝り方、頼み方、FAX送受信、携帯電話、Eメール、ビジネス文書、テーブルマナー、冠婚葬祭などあらゆるシーンで使われます。

 個人や会社の一員ということだけではなく、社会の一員として、ソツがないマナー美人を目指してみませんか。

ビジネスマナーとは

 ビジネスマナーとは、さまざまな年代や経験で構成されている社会の中で、コミュニケーションを取っていくためのルールのようなものです。

 ビジネス社会では、個人は会社の一員として見られます。

 たとえ新入社員でも、電話や来客の取り次ぎをしたときに、あいさつや名刺交換がおろそかなら、「なんだこの会社は」ということになってしまいます。

 ビジネスの場は、会社外の人とのやりとりだけではありません。

 自分の会社内の人間関係も、もちろんビジネスです。

 敬語、挨拶、エレベーターや会議の席、タクシーなどで席順をわきまえた振る舞いをすること。こうした積み重ねが、あなたの評価につながり、複雑に構成されているビジネス社会の一員として認められていくステップとなります。

 学生から社会に出たら、自分のことは自分の責任であると同時に、会社の一員としての自覚を持ち、ビジネスマナーを自分のものにしていきたいですね。

トップ > ビジネス文章 > ビジネスマナーの基本 相手と良い関係を築く