ビジネス文書の基本

ビジネス文書のいろいろ

 ビジネス文書とは、状況に合ったもの、正確で簡潔な内容、適切なタイミング、上司や取引先の承認など取り扱いのルールといった、たくさんの要素が詰まった、大切なビジネスツールです。

 メールでは、指示を受けたり、報告したり、確認したりといった伝達に欠かせません。

 口頭で受けた指示や、会議の内容についてメールでまとめて確認したり、結果について報告することは、お互いの認識の確認にもなり、ビジネスマンとして確実な仕事の姿勢とマナーを印象付けます。

 ビジネスメールでは、自分と相手という1対1のやりとりではなく、関連者やお互いの上司にもコピーを送付しておくと、報告を兼ねることはもちろんですが、自分の仕事やメールの重要さをアピールすることができます。

 年少だったり、取引関係などで自分が下でも、会社の一員としてこの仕事を責任持ってやっているというバックアップとして、ぜひメールはコピー(CCと一般にいいます)を関連者にも送付しましょう。

 ビジネス文書では、メール以外にもさまざまな社内・社外書類があります。

 社内文書の例としては、指示、報告、確認といった基本的なものから、宴会の案内、出欠の返答など、人間関係を構成するものまでさまざまです。

 社外文書の例としては、挨拶状、資料の送付、ファックスの頭付け、見積もりや発注、請求書、お詫び、クレーム、督促などがあり、どれも会社の顔としてたいへん重要な書類です。

 ビジネス文書を社外に出す場合は、自分で作成していきなり送付するのではなく、上司や社長の承認が必要なことも多いので、よくルールを確認しましょう。


ビジネス文書とは

 ビジネスの世界では、人間関係や業務が複雑に絡み合い、社会を形成しています。

 ビジネスシーンに合わせたマナーがとても大切です。

 ビジネス文書は、そうした社会の中で、会社内や社外との連絡手段として頻繁に使われています。

 学生時代のレポートや感想文、友達とのメールなどとは一線を画して、しっかりとしたビジネス文書が作成できるようにしましょう。

 ビジネス文書には、社内と社外のものがあり、それぞれメールと、メール以外の書類があります。

 メールは、あて先や文頭の決まり文句、末尾の署名などを簡潔にし、ビジネスシーンでふさわしいものにしましょう。

 書類には、会社ごとに決まった形式の申請書や請求書があることがほとんどです。お金や取引に影響のあるものなので、ルールを守って作成することが大切です。

トップ > ビジネス文章 > ビジネス文書の基本